2017年10月16日月曜日

図書館のイベントなどに使えそうなデジコレ資料②

少し前に同名の記事を書いてからはや数か月、そういえばぜんぜん続いてなかったです。別件で抱えていたことがひと段落したので、続編を書いてみます。どれも思いついたはいいが怠け者の自分には実施に至らずというものなので、実行力にあふれている方はぜひお試しくださいませ。


団扇絵




前回ブックカバーを紹介したところですが、同じく紙もののグッズで有名なものといえば団扇ですね。錦絵のジャンルのひとつとして団扇絵というものがあり、これはもちろん実用として使用されるほか、観賞用としても用いられたとか。



団扇絵なら当然団扇になるはず、ということで手作り団扇キットを使って作ってみました。世の中便利なもので、プリンタで打ち出して団扇に張り付ければすぐに団扇になります。(キットを使わず普通の紙に印刷して既存の団扇に糊で貼り付ける、という手もあり。)



…と思いきや、実は団扇絵の形と現在の一般的なそれはなかなか違っており、形を合わせるのに一苦労。



結局、団扇絵の結構な部分を印刷から落とすことで形を整えました。団扇絵だからって団扇にしやすいわけじゃないんだと思い知りましたでござる。(というか、むしろ普通の錦絵のほうが形を合わせるのが簡単…!?)



前回
紹介の清親畫帖より「日本橋夜

使い道としては、以下のようなもうちょっと安価なキット(ないし通常の厚紙)で割と安価に作れるものをイベント等の配布用にするほか、講演会や展示会のイベントの際に関連する錦絵を加工して作成、宣伝に使っても面白いかもしれませんね。もしくは、タイトルからはちょっと外れますが、夏の間の節電と猛暑の板挟みの解として「団扇の貸し出し」ということも残念ながらあるかもしれません…。



なお、「版種」に団扇絵である旨が記載されている東京都立中央図書館のTOKYOアーカイブとは異なり、デジコレではそうした情報がなかったのでいろいろな情報源を参照しながら版元や請求記号、作者名などからちょこちょこ集めてみました。以下、気に入ったものなどいくつか画像を貼り付けておきます。




国貞 画. [会席の図]. [江戸後期]より「田中庵











その他の団扇絵(※網羅してません)


                                                   


関連情報



ちなみに、上記のいくつもの団扇絵の版元である伊場仙さんは現在も日本橋で絶賛営業中。お店が入っている伊場仙ビルは中央区のまちかど展示館にもなっており、夏にお邪魔した際には伊場仙版初代豊国筆団扇絵「今様十二ヶ月」復刻版が展示されていました。


現在の伊場仙さん(この日はお休み)



いろいろまとめたやつ




団扇絵のところで「別に団扇絵じゃなくても加工すれば団扇にできるんじゃ」などと書きましたが、実際その通り。錦絵は一枚絵としてはもちろん、人物や生き物、道具などうまく切り取ればいろいろな用途に使えます。場合によっては江戸時代や古典に関するイベントの宣伝時に「っぽさ」を出すためのイメージ素材や背景として使用することも少なくないかと思います。(例えば、中村座のウェブサイト

そんな時に重宝するのが「浮世絵とかがまとめられたやつ」です。「絵集」とか「画帖」とかタイトルになっていますが、一般的になんというかはよくわかりません。一応、原本の書誌データ、並びにデジタル化したデータの両方にも各作品のメタデータは記載されていないことはないのですが、微妙な探しにくさもあって、一種宝探しのような楽しさを感じてしまいます。

とはいえ、楽しいだけでもなく。実際、「古代江戸繪集」は200コマ以上の作品を収録した便利(?)な浮世絵集として、編集素材としても利用されています。上記の資料もコラムサイトのスーモジャーナルの記事「お江戸の桜の名所だった!? 遊郭の吉原に桜が咲いた理由」やヒトサラマガジンの「浅草馬道、土手の【中江】で桜肉の馬力を試す/お江戸グルマンディーズ 一話」で使用されています。「古代江戸繪集」以外にも、役者絵や相撲絵など各種の主題ごとにまとめられたものがありますので、相撲チョコレート相撲錦絵をパッケージに使用した日本酒など主題に沿った需要からも便利そうです。



古代江戸繪集より「新吉原江戸町二丁目 佐野槌屋内黛□□之圖」(3コマ分を結合。「お江戸の桜の名所だった!? 遊郭の吉原に桜が咲いた理由」で紹介)


 

古代江戸繪集より「當世美人揃」「當世美人揃」(ヒトサラマガジンの「浅草馬道、土手の【中江】で桜肉の馬力を試す」で紹介)

ちなみに「古代江戸繪集」では以下のようなツイートもありました。(上述資料のうち「雪梅窓の若狭理」)国会図書館に所蔵されるまでにどのような経歴を歩んできたのか、こうしたところに思いをはせるのも面白いですね。





いろいろまとめたやつ(※網羅してません)



一般的なもの

役者もの

主題別

作者別